Facebookメッセンジャー

ついに来ましたね!

最新版の「Facebookメッセンジャー」Ver.69.0 で

「メッセンジャーコード」スキャン機能 が追加されました。

Messenger App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 (記事公開時)

「メッセンジャーコード」をスキャンする

IMG_6116

Facebookメッセンジャーの下部 ツールバーにある「友達」をクリックすると、

「コードをスキャン」メニューが表示されます。

「メッセンジャーコード」のスキャン

この日の為に準備しておいた名刺の「メッセンジャーコード」早速スキャンしてみます。

IMG_6115

名刺に印刷した「メッセンジャーコード」は、会社のFacebookページ「アビリティ」のものです。

枠の中に入った瞬時に読み取られて、会社のFacebookページのアカウントが、メッセンジャーの「友達」リストのなかに追加されました。

「メッセンジャーコード」は、もちろん個人でも使えます!

画面の下部 ツールバーの「パーソナル」クリックすると、個人アカウント用の「メッセンジャーコード」が表示されます。

IMG_6117

3.1 ユーザーネームって?

「メッセンジャーコード」の下に表示されている「ユーザーネーム」

私の場合は「m.me/noriko.tahara」と表示されています。

これを、ブラウザに入力してみてください。

http://m.me/noriko.tahara

はい!そうです。私宛のメッセージを送信するためのメッセンジャー画面がダイレクトに表示されます。

※ Facebookにログインしていない場合はログイン画面が表示されます。

「noriko.tahara」の部分は、皆さまの個人ページのURL(facebook.com/◯◯◯)◯◯◯の部分です。

Facebookページの場合も同じです!

「メッセンジャーコード」のシェア

表示された「メッセンジャーコード」をクリックすると、あなたの「メッセンジャーコード」をシェアする画面に切り替わります。

IMG_6118

右上のシェアボタンをクリックすると「メッセンジャーコード」を「写真」に保存したり、メッセージやメールで送信したりSNSでシェアしたりできます。

Facebookメッセンジャーを「カスタマーサポート」ツールにする意味

ビジネスで利用するFacebookページの運営について、昨年以来 Facebook社は、受信メッセージの返信をなるべく速やかにするようにアドバイスしています。

そのためのツールもかなり充実してきました。

↓の画面は、Facebookページの 設定>メッセージング で表示されます。

ss 2016-05-07 16.41.42

興味深いのは「返信アシスタント」です。

担当者の負担を減らす「インスタント返信」

営業時間外や退席中に、利用者に予め作成した「インスタント返信」する機能は、担当者の負担を減らしてくれます。

コミュニケーションを円滑にスタートする「あいさつメッセージ」

また、利用者が最初にメッセージを送信しようと画面を開いたときに、コミュニケーションの最初のステップ「あいさつメッセージ」を表示する機能は、その後のコミュニケーションをリラックスした気持ちのいいものにするでしょう。

Webサイトから「メールフォーム」を使って問合せをして、いつ返事がくるのかな?と不安になったことはありませんか?

Facebookは、メッセンジャーを本気で利用者との円滑なコミュニケーションツールに発展させようとしているようです。

複数のFacebookページのメッセージ管理は「ページ」1つでOK!

Facebookページをいくつ持っていても、それぞれのFacebookページが受け取るメッセージの管理は簡単です。

Facebookページ管理用アプリ「ページ」(Facebookページマネージャ)で、Facebookページを切り替えるだけです。

Facebookページマネージャ App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料 (記事公開時)

新しくなった「メッセンジャー」と「メッセンジャーコード」ぜひ、ご活用くださいね!