20150214113513_1775.jpg 10968439_927260290626064_4358485607892357253_n

Facebookから、ユーザーが死亡後そのアカウントを管理する人物(相続人)を選べる機能の追加が発表されました。

相続人に指定された人は、亡くなられた方のアカウント(死亡が確認されると名前の上に”Remenbering~思い出して”と追記されます)のタイムライン最上部に追悼メッセージや葬儀の通知などを書き込むことができるそうです。

相続人を設定できるようになると「設定」=>「セキュリティ」=>「Legacy Contact」が追加されて、そこでFacebookユーザーを指定します。相続人を指定しないで(アカウントを消去)という選択もできるそうです。
それにしても、相続人誰にするか・・ですよね。

☆詳細記事⇒ http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021300516/