国内外を問わず、問題になっている Facebookを中心に広がるブラウザの拡張機能になりすましたウィルスがあります。

Facebookでは、以前から悪意ある「アプリ」の存在はいくつか報告されていました。うっかりインストールした「アプリ」が不正なスパム投稿を繰り返し ユーザーのアカウントが停止されるなどの被害が報告されていました。

今回、被害が報告されている このウィルスは、「アプリ」ではありません。

◎ どんな風に拡がっていくんですか?

ある日、友人やその友だちから、あなたが「タグ付け」された 記事があなたの タイムライン、又は アクティビティログへ表示されます。

記事の内容は問題ではありません。「投稿の中に記述されたリンク(URL)」が問題です。

「投稿の中に記述されたリンク(URL)」先の多くは、表示されている記述が「http://www.facebook.com/~~~~」のように見えても実際はそうではありません。偽装された Google Chrome の 拡張機能をインストールするページです。この拡張機能の中に、ウィルスが仕込まれています。

※ タグ付けされた記事をタイムラインに表示しただけではウィルスに感染しません。

このウィルスは、自分自身を増殖するための「友だちをタグ付けした投稿」を繰り返し行います。

この投稿をタイムラインに掲載するだけで、あなたが知らずしらずの内に加害者になるかもしれません。

下の図は、タグ付けされた投稿をタイムラインに掲載しないことで、被害を防ぐためのものです。

Fbクラウド

◎ そのウィルスは、何をするんですか?

自分自身を増殖するための「友だちをタグ付けした投稿」を繰り返し行います。

また、海外での報告では、特定Facebookページへの「いいね!」を繰り返し行うようです。
この「いいね!」が、10,000(250$)、50,000(1,100$)、100,000(2,000$)で 売買されています。

ウィルスの目的は、不正に得た Facebookページの「いいね!」を売って利益を得ることなんですね。

しかし、その結果、その踏み台にされたFacebookのアカウントは、乗っ取られて迷惑行為を繰り返すわけで、ユーザーが何もできなくなります。場合によっては、アカウント停止等の措置をFacebookからも受けます。

◎ 感染しないためには、どうしたらいいですか?

(1)知らない人や意味の無い「タグ付け」は、タイムラインに表示させないようにしましょう。

「タグ付け」をアクティビティログで承認する設定をオススメします。

2013040701

 

(2)信頼できないリンク(URL)のクリックを控えましょう。

 

(3)ブラウザの拡張機能になりすましたウィルスは、今後 増える可能性があります。

インストールする前に、その拡張機能の名前を「コピペ」して Google、Yahoo等で検索してみてください。

いい拡張機能であれば、誰かが評価する記事を書いているはずですし、悪い評判も同時に得られます。

この一手間で、感染した場合の大きな手間と被害を防ぐことができます。

◎ 感染した場合には、どうしたらいいですか?

今回 報告されたものもそうですが、悪意のある拡張機能の場合、自分自身を削除、又は無効化されないために、拡張機能の管理画面を表示させないようにします。

ブラウザの「アンインストール」と同時に、ライブラリにある「拡張機能」に関連するファイルを全て削除した後、再起動して、改めてブラウザを「インストール」してください。

但し、クラウドで同期するタイプのブラウザ(Google Chrome)等では、使用している全てのPCに影響している場合があります。クリーンになったことを確認するまで安心できません。十分、ご注意ください。

==========================================

☆ この記事に「いいね!」って思ってくださったら・・・

↓の「いいね!」と「コメント」欄に ひと言 頂けたらうれしいです!よろしくお願いします(^^♪