昨日9月1日、新学期が始まりました。
夏休みにいろいろな体験をして、
ひとまわり たくましなった子どもたちがまぶしく見えました。
長い休みを終えて、
友達に会うことが楽しみな子どもたちが多い中で、
新学期を目前にして、自殺と思われるニュースが流れてきました。

電車にひかれ中2死亡

 31日午後9時半ごろ、姫路市岡田のJR山陽本線で、上郡発姫路行き上り普通電車(4両編成、乗客約20人)が英賀保(あがほ)—姫路駅間を走行中、運転士(29)が線路内に進入してきた男性を発見、非常ブレーキをかけたが間に合わず接触した。
 男性は全身を強く打ち死亡。上下線計4本が部分運休したほか計16本が最大85分遅れ、約7500人に影響が出た。兵庫県警姫路署の調べで、死亡したのは同県加西市内の同市立中学2年の男子(13)。同署で詳しい状況を調べている。
■ 記事本文はこちらから

産経新聞(2010年9月 1日 08:22)  

「学校が始まる日」が、死にたいほどつらかったんだろうかと思うと、胸が痛みます。
もし、そんな風に思っていたのなら
「学校」と「命」、「命」を選んで欲しかったと思います。
このブログでも、
自殺の兆候
子どもスマイルネット のご案内などしてきました。
一人じゃないと知ってほしい!
新学期に入って「ネットいじめの講演」ご依頼を頂いています。
一人でも多くの子どもたちとご両親のお役にたちますように
精一杯務めたいと思います。