昨日に続いて「Google」ネタです。
Google ストリートビューGoogleのサービスは、本当に盛りだくさんで楽しい。
うっかりすると、ついつい1〜2時間を過ごしてしまったりする。
昨日は、Google Adwords(有料広告掲載サービス)のチェックをしたあと、
今 話題の「Google ストリートビュー」を試した。
Google ストリートビューは、
世界中の地図に 航空写真を重ねられる Google マップの機能で
道路(ストリート)にそって
まるで、そこを歩いているように見る(ビュー)ことができるものだ。
まず、最初は自宅を見てみようとしたのだけれど、
残念!
まだ、サービス対応エリア外。
ようするに 田舎ってことネ
フム、仕方ないなぁ [:ボケ:] Google ストリートビュー気を取り直して
国道添いにある友人の家なら見られるかもと探してみたら
サービスエリアのマーク(道路がブルーで縁取られている)がついている。
友人の家あたりをクリックすると、
おぉ〜! 本当に道路から見たとおりの友人の家が表示された。
道路沿いにぐるっと廻ってみて
さらにビックリ! [:ビク:] その写真が、右上のものなのだけれど
車庫の車のナンバーまでくっきり見えるんだもの。
(↑の写真ではモザイクかけました)
ははぁ〜、これが 問題になっているプライバシー侵害なんだと
妙に納得してしまった。
Google ストリートビューでは、
人物の顔には自動的に”ぼかし”がかかるようになっているらしいのだけれど
そのぼかしが不十分で顔がはっきりと写っていたり
民家の屋内が写ってしまったりするケースが
プライバシー侵害だとして問題になっている。
[:icon5:]Google では、こうした画像について
削除申請を受け付けていて
申請を受けた画像の削除を、2〜3日で行っているそうだ。
気をつけなければいけないのは、
申請をしなければそのままになっているという点。
知らないうちに、自宅の周囲や家族の写真が 公開されているということもあるのだ。
Google ストリートビューは、誰でもすぐに利用することができるので
一度、自宅の周囲をチェックしておいた方がいいかもしれない。
もし、これは困るなというものがあったら、
その画面から 削除申請ができるので 申請しておこう
確かに 問題もあるけれど、
Google ストリートビューは、本当に楽しい。
過去に旅行した場所などを次々と見て
変わらない風景、変わってしまった風景を楽しんで
あっという間の1時間。
バーチャルトリップを楽しんだ。
[:icon2:] もちろん、友人にはこの件をメールで知らせて、削除依頼をした方がいいんじゃない?と勧めた。