インターネット決済の脆弱性インターネットでショッピングするとき、
クレジットカードを使った決済は本当に便利だ。
もし、クレジットカードの決済ができなければ、
銀行や郵便局からの振込みをしたり
宅配便業者の代引き決済、
コンビニでの支払いを選ぶしかない。
2006年のインターネット商取引は、4兆3910億円。
その半分はクレジットカード決済だという。
振込みや代引き、コンビニでの支払いに比べて
クレジットカードの決済は本当に便利なのだけれど、
不安を感じられた方は少なくないはずだ
クレジットカード番号と名前、有効期限だけ入力すれば
決済は完了する
例えば、お財布を落した(カードが人手に渡った)ら、
本人になりすますことは、店舗で買い物をするより簡単だ。
だって、必要な情報はそのカードに全て記載されているんだから。
そして、その不安は現実にある。
2006年のインターネット商取引でクレジットカードによる不正利用は、
なんと 6億8900万円!!

私もインターネットで買い物をするし、
サービスの提供代金の支払いもする。
けれど、そのカードはたった1つだけと決めている。
そうすれば、他のカードでオンライン決済されたものは
不正に利用されたことが分かるから。
そして、オンライン決済用のクレジットカードは、
「3Dセキュア」というセキュリティが付いているものだ。
「3Dセキュア」というのは、パスワードによる本人認証をするもので、以下のものがある。
* VISA認証サービス – Visa (VISA)
* MasterCard SecureCode – MasterCard (MasterCard)
* J/Secure – ジェーシービー (JCB)
* NICOS認証サービス – 三菱UFJニコス (NICOS)
もちろん、パスワードは他人に簡単に推測されるようなものではなく、
定期的に変更する必要があるのだけれど、
便利さの裏にある脆弱性を知って、
対応することは必要なことなのだと思う。
「3Dセキュア」は、顔が見えないオンライン決済で
最低限の本人認証の仕組みなのだけれど
利用者は全体の5%にも満たないという。
クレジットカード会社が無料で提供しているサービスなので
まだ、利用していない方には
せめてオンライン決済用のカード1枚だけにでも
これを利用されることをオススメする。
 
[:icon5:] 記事中の数値は、経済産業省がクレジットカード国内大手6社に実施した調査によるものです。